モンテえほん部

【夏といえば虫!】虫をテーマにしたオススメ本【厳選6冊】

当サイトでは、国際資格を持つモンテッソーリアンまりこ監修のもと、モンテッソーリ教育についてできるだけわかりやすい言葉を使って解説しています。

まりこ
まりこ
今日はモンテえほん部のメンバーと【虫】をテーマにしたモンテッソーリ教育的な絵本をいくつか紹介します!
モンテえほん部は、オンラインサロン「子育ての学校」の中の部活で、サロン内でオススメ絵本を紹介しあっています!

おすすめ絵本は随時更新していきます。(更新のお知らせはTwitterより)

【ファンタジーはNG?】モンテッソーリ教育的な絵本の選び方モンテッソーリ教育ではどんな絵本をおすすめしているの?国際資格を持つモンテッソーリアンまりこが具体例をまじえつつ、わかりやすく解説します。...

低年齢から読める

身近な虫だと興味を持ちやすい!モンシロチョウの絵本

まりこ
まりこ
モンシロチョウを見つけたあとなどに読んであげると、興味津々で聞いてくれるかもしれません!

モンシロチョウはなにがすき?

文:藤井恒
絵:たかはしきよし
出版社:福音館書店

対象年齢:
読み聞かせするなら → 1歳半〜6歳
子どもが自分で読む難易度 → ★★☆

文字数:ふつう文字数が普通の絵本の例

文体:
丁寧な書き言葉

絵のテイスト:
リアルで写実的な絵

内容:
モンシロチョウの生態を中心に描いています。

登場するもの:
モンシロチョウ

オススメしてくれた人:モンテッソーリアンまりこ

まりこ
まりこ
散歩しているときなど、「ちょうちょ!」といって指差すようになってきたので、読んであげたら気に入った様子でした!
あつと
あつと
モンシロチョウはわりとよく見かけるし取り入れやすそうだね

梅雨〜夏のホタルの時期に読みたい1冊

まりこ
まりこ
本当にホタルを見るということがなかなか難しくなってきましたが、ホタルを見に行く体験を絵本を通して感じることができます。

ほたるさわ

作:菊池日出夫
出版社:福音館書店

対象年齢:
読み聞かせするなら → 1歳半〜6歳
子どもが自分で読む難易度 → ★★☆

文字数:ふつう文字数が普通の絵本の例

文体:
話し言葉
語尾に「~ずら」など方言が使われている。
セリフだけでストーリーが進んでいく。

絵のテイスト:
親しみやすい絵

内容:
「ほたるさわ」に、ほたるを見に行くお話。
畑や田んぼ、木製の古い外灯など、日本の田舎の美しい情景が楽しめる。

登場するもの、景色:
ほたる、フクロウ、小川

オススメしてくれた人:モンテッソーリアンまりこ

まりこ
まりこ
読み終わった後は、うちの子にも本当のホタルを見せてあげたいな〜なんて思っちゃいます。

リアルな絵でてんとう虫の生態を知る

くみこ
くみこ
てんとうむしを見つけたときや、昆虫に興味を持ち始めた時期などに読んであげるといいと思います!

だいすきしぜん てんとうむし

指導:野村周平
絵:寺越慶司
出版社:フレーベル館

対象年齢:
読み聞かせするなら → 3歳〜6歳
子どもが自分で読む難易度 → ★★☆

文字数:少し多い文字数が多い絵本の例

文体:
書き言葉

絵のテイスト:
リアルで写実的な絵

内容:
てんとう虫とアブラムシ、アリとの関係性など、てんとう虫の生態について知ることができます。
問題もあって、楽しめる内容になっています。

登場するもの:
様々な種類のてんとうむし、アブラムシ、アリ

オススメしてくれた人:くみこ

あつと
あつと
うわー。虫の絵とかかなりリアル!
くみこ
くみこ
この「だいすきしぜん」シリーズは他の絵本もリアルな絵で教育的な内容のものが多いのでオススメです

これを読めばダンゴムシ博士

まりこ
まりこ
大人も思わず「へ〜」となってしまう内容になっています!

ぼく、だんごむし

文:得田之久
絵:たかはしきよし
出版社:福音館書店

対象年齢:
読み聞かせするなら → 2歳〜6歳
子どもが自分で読む難易度 → ★★☆

文字数:少し多い文字数が多い絵本の例

文体:
話し言葉

絵のテイスト:
ちぎり絵や切り紙で表現されているのですが、意識してみないとわからないほど、現実的なタッチで表現されています。

内容:
ダンゴムシが聞き手に語りかけるように、ダンゴムシの生態についてお話してくれます。
かなり詳しく書かれていますが、子どもにもわかりやすい内容です。

登場するもの:
だんごむし、アリ、ワラジムシ

オススメしてくれた人:モンテッソーリアンまりこ

まりこ
まりこ
大人でも読んで新しい発見がある内容です!
あつと
あつと
これさっきのモンシロチョウの絵本と絵書いてる人同じなんだ。
雰囲気かなり違う!

4歳以降、高年齢向け

虫の住処から環境開発を考える

まりこ
まりこ
虫の本として紹介させていただきましたが、環境開発について考えさせられる内容です。

田んぼの昆虫たんけん隊

文:里中遊歩
絵:田代哲也
出版社:星の環会

対象年齢:
読み聞かせするなら → 4歳〜小学校低学年
子どもが自分で読む難易度 → ★★★

文字数:とても多い文字数が多い絵本の例

文体:
話し言葉と書き言葉が混在
漢字に振り仮名あり

絵のテイスト:
少しマンガ的なイラスト
虫の描写はとても丁寧にされている

内容:
お父さんと姉弟がお父さんの田舎へ向かいます。
田んぼの昆虫を楽しみにしていた3人でしたが、開発が進み、昆虫がたくさんいた昔の景色はありません。3人は田んぼの昆虫たちとは出会えないのでしょうか・・・?
生き物のあふれた、すばらしい環境を守るために何かできることはないか、これから考えていこうと決意するお話。

登場するもの:
トンボ、アオサギ、コサギ、アマガエル、トノサマバッタ、まつもむし、ゲンゴロウ、水カマキリ、タガメ、ヤゴ、アメンボ、チョウトンボ、コオイムシ、タイコウチ

オススメしてくれた人:モンテッソーリアンまりこ

まりこ
まりこ
虫という身近な生き物のことから、環境について考えるいいきっかけになるような絵本です
あつと
あつと
いやー、難しい問題だよね
まりこ
まりこ
4,5歳くらいからはこういう考えるような絵本も読めるといいね

リアルな虫の世界を伝える

まりこ
まりこ
昆虫が大好きな子へ、図鑑とは一味違うリアルな虫の世界を伝えたい方にオススメです!

ファーブル昆虫記の虫たち(3)

絵・文:熊田千佳慕
出版社:小学館

対象年齢:
読み聞かせするなら → 3歳〜小学校低学年
子どもが自分で読む難易度 → ★★★

文字数:とても多い文字数が多い絵本の例

文体:
書き言葉
漢字に読み仮名あり

絵のテイスト:
とにかく絵が素晴らしく、写実的です。
1981年のイタリアボローニャの国際絵本原画展に入選した作品もあります。

内容:
世界的に有名なファーブル昆虫記に出てくる虫カマキリ、チョウ、セミについて、迫力のあるイラストと、簡単な文章で描かれています。それぞれの昆虫が主役なので、お話が3つあります。
虫の世界の残酷な部分も描かれているので、そういうところは子どもに見せたくないという方は注意が必要です。

登場するもの:
ウスバカマキリ、オオモンシロチョウ、トネリコゼミ

オススメしてくれた人:モンテッソーリアンまりこ

まりこ
まりこ
今回紹介したのは「ファーブル昆虫記の虫たち」の3巻ですが、他の巻もすばらしいです。
気に入ったら是非チェックしてみてください。

オススメ絵本を一緒に紹介しませんか?
子育ての学校 ~おうちではじめるモンテッソーリ教育~」では、毎月オススメ絵本をまとめて当サイトでの紹介をおこなっています!

まとめ

あつと
あつと
いやー、正直虫苦手なんで絵がリアルすぎてドキッとするのも何冊かありました
まりこ
まりこ
モンテッソーリ教育的には絵はリアルなものがオススメだから、しょうがないねえ
まりこ
まりこ
今回、紹介した以外にも、実際に見たりした虫についての絵本などを選んであげると現実と絵本が結びついて子どもにとっては大きな学びになります。
絵本選びの参考にしてみてください!
まとめ

身近な虫だと興味を持ちやすい!モンシロチョウの絵本

梅雨〜夏のホタルの時期に読みたい1冊

リアルな絵でてんとう虫の生態を知る

大人が読んでもおもしろい!これを読めばダンゴムシ博士

虫の住処から環境開発を考える

リアルな虫の世界を伝える

【ファンタジーはNG?】モンテッソーリ教育的な絵本の選び方モンテッソーリ教育ではどんな絵本をおすすめしているの?国際資格を持つモンテッソーリアンまりこが具体例をまじえつつ、わかりやすく解説します。...
ABOUT ME
モンテッソーリアンまりこ
モンテッソーリアンまりこ
合同会社コソダチ代表/国際モンテッソーリ3-6ディプロマ/国際モンテッソーリ認知症ケアワーカー/オムツなし育児アドバイザー/保育士/幼稚園教諭/モンテッソーリ教育を学べるオンラインサロン「子育ての学校」主宰/ネットショップ「コソダチショップ」プロデューサー
「おうちモンテ」
はじめませんか?

「自宅でモンテッソーリ教育を取り入れたい」

「モンテッソーリ教育の園に通わせたいけど、近くにない」

「モンテッソーリ教育の本を読んでみたけど、なかなか実践できない」

「子育ての学校」は、そんなお父さん、お母さんのためのオンラインサロンです。

自宅でモンテッソーリ教育をどのように取り入れるのか、授業動画でわかりやすく解説。
その他、特典も多数ご用意しております。

今なら、ご内容に満足いただけなかった場合、一ヶ月間の返金保証をおこなっております!
ぜひ、試しに「子育ての学校」をのぞいてみてください。